ホームイベント情報 > 最新イベント情報

最新イベント情報

次世代エンドポイント対策セミナー

開催日時 2017年11月29日(水)14:30-17:00(14:00受付開始)
会場 フクラシア丸の内オアゾ Hall A
定員 100名(エンドユーザー様限定)
費用 無料(事前登録制)*下記URLよりお申込みください。
内容 14:30 開会のご挨拶
株式会社ネットワークバリューコンポネンツ 代表取締役社長 渡部 進
14:35 サイバー攻撃の最新の脅威、 エンドポイントセキュリティ対策の現在と未来
CarbonBlack Inc. CTO Michael Viscuso
2020年Olympics/Paralympicsに向けて急増が予想されるサイバーセキュリティの最新トレンド、及び、セキュリティ対策の最後の砦としてのEDR(インシデント・レスポンス)の重要性をEDRの第一人者であるマイク・ヴィスクーソよりご紹介申し上げます。(同時通訳有)
15:15 公開インタビュー
10年以上のキャリアを持つセキュリティライターがCTOの本音に迫る

CarbonBlack Inc. CTO Michael Viscuso
インタビュアー 高橋 睦美
(プロフィール) 一橋大学社会学部卒。1995年、ソフトバンク(株)出版事業部(現:SBクリエイティブ)に入社。以来「InternetUser」誌をはじめ、インターネット/ネットワーク関連誌にて、ファイアウォールやVPN、PKI関連解説記事の編集を担当。2001年にソフトバンク・ジーディーネット株式会社(現:アイティメディア)に転籍し、ITmediaエンタープライズ、@ITといったオンライン媒体で10年以上に渡りセキュリティ関連記事の取材、執筆ならびに編集に従事。2014年8月に退職しフリーランスに。
15:50 次世代型防御機能とEDR機能を持つ真のエンドポイントセキュリティとは
株式会社ネットワークバリューコンポネンツ プロダクトマーケティング部 佐藤 佑樹
進化するサイバー攻撃に対し、エンドポイントでの対策として次世代ソリューションが注目されていますが、 次世代化機能はベンダーによって異なっています。 SANSの次世代アンチウイルスの定義では、マルウェアだけでなく、PowerShellやメモリベースの非マルウェア攻撃と呼ばれる攻撃への対応、更にEDR機能により、インシデント発生時の対処や原因分析ができることがあげられています。 これらの機能を備え持つ真の次世代アンチウイルスソリューションをご紹介します。
16:25 デモンストレーション Cb Defenseは非マルウェア攻撃をいかにブロックするか
カーボン・ブラック・ジャパン株式会社 リージョナルセールスエンジニア Richard Li
百聞は一見にしかず。流行のファイルレス攻撃にCb Defenseはどう立ち向かうのか、実際のデモンストレーションでお見せします。
16:40 閉会のご挨拶
カーボン・ブラック・ジャパン株式会社 カントリーマネージャー 西村 雅博
16:45 個別相談会
主催 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
後援 カーボン・ブラック・ジャパン株式会社
申し込みURL https://mdh.fm/e?kN103GWODr

EDR + IR「攻め」のセキュリティによる脅威対策セミナー
~PC1万台を有する大手企業が採用した理由とは~

開催日 2017年11月30日(木)14:00-17:00(13:30受付開始)
会場 フクラシア丸の内オアゾ Jルーム
定員 50名(エンドユーザー様限定)
費用 無料(事前登録制)*下記URLよりお申込みください。
内容 14:30 開会のご挨拶
14:10-14:50 第1部「最新の脅威トレンドと今必要なエンドポイントセキュリティについて」         
CarbonBlack Inc. CTO Michael Viscuso(通訳有)
2020年Olympics/Paralympicsに向けて急増が予想されるサイバーセキュリティの最新トレンド、及び、セキュリティ対策の最後の砦としてのEDR(インシデント・レスポンス)の重要性をEDRの第一人者であるマイク・ヴィスクーソよりご紹介申し上げます。 (同時通訳有)
14:50-15:30 第2部「プロに任せて安心のセキュリティ運用サービス〜最先端ノウハウで、世界的脅威から組織を守る〜」
トラストウェーブジャパン株式会社 セールスエンジニア 笠井 慎一
マネージドセキュリティサービス分野で急成長を続けるTrustwaveのサービスをご紹介します。世界有数の脅威分析調査組織であるSpiderLabsが裏付ける、エンドポイントを含む一元的なセキュリティ運用のケーススタディをご覧頂きます。
15:40-16:20 第3部「増え続ける運用現場の負荷と戦略的なエンドポイント対策の見直しについて」
TIS株式会社 管理本部 情報システム部 エキスパート 音喜多 順
新たな脅威が日々発生する昨今、エンドポイントセキュリティ製品が発する過検知は運用担当者の業務をさらに過酷にしている。休日、夜間問わず発生するアラートに対応するために出した答えとは。1万台規模の端末を運用する責任者が語ります。
16:20-16:25 Q&Aセッション
16:25-16:30 閉会のご挨拶
16:30-17:00 個別相談会
主催 トラストウェーブジャパン株式会社、カーボン・ブラック・ジャパン株式会社、株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
後援 TIS株式会社
申し込みURL https://mdh.fm/e?kN103GWOFR